0歳,1歳から保育園に預けても可愛そうではない理由。早くから保育園のメリットとは

乳幼児

こんにちは!
6歳差兄弟を育てる2児の母・ひまわりと申します。

そろそろ育休復帰を考えなければならないけど、「0歳、1歳から保育園に通わせるのは可愛そう…」と迷ってしまうことありますよね。

わたし自身、長男を8か月から保育園に預けることに迷った経験があります。

しかしいま、次男を1歳半から預けてみて、早くから保育園生活を送るメリットもたくさん見つけることができました。

今回は、わたしが感じている0歳、1歳から保育園に入るメリットをまとめました。

スポンサーリンク

0歳、1歳から保育園に入るメリット

いちばんのメリットは、同年代のお友だちからうける刺激、そして先生方から受ける影響だと思います。

次男は、保育園に通うようになってから半年で、次のような変化が見られました。

  • ことばの発達が早くなった
  • いろいろなご飯を食べられるようになった
  • 自分で着替えようとチャレンジするようになった
  • 絵本がますます大好きに

ことばの発達が早くなった

1歳半で入園した次男ですが、入園当初は、片言の単語をひとつ、ふたつ話す程度でした。

ところがある朝、登園すると、同じクラスの女の子が次男を見つけるや、「〇〇ちゃん、きたぁ~!」と二文語を話すではないですか!

「え~!もうそんなに話せるの?」と驚くわたしに、
「0歳から通っている子は、話すのも早いのよ~。特に女の子」と先生。

きっと、日々、耳にする言葉の数が自宅保育と保育園では雲泥の差なのでしょう。

核家族だと、平日昼間は母親の声とテレビくらいですから。

いろいろなご飯を食べられるようになった

以前のブログにも書いたのですが、1歳半の段階で、次男が食べていたものといえば、ごはん、うどん、豆腐、りんご、フライドポテト、せんべい…。数えたほうが早いくらいの食材しか食べてくれませんでした。

入園が決まってからもほとんどに食べられるものは増えず、「こんなんで保育園生活大丈夫かしら…」と思いながら入園式を迎えました。

慣らし保育の間は、はじめて見るものは断固として食べず、連絡ノートには「おやつ 残、給食 残」とばかり書かれていました。

しかし、日に日に食べられるものが増え、入園から1ヵ月も経たないうちに、すべて完食するようになりました。

これには、給食が年齢に合わせて食べやすいよう工夫されていることや、保育士さんたちが子どもをその気にさせてくれることもあるのですが、わたしが一番影響大と思っていることは、お友達が周りでパクパク食べていることを見ることだと思っています。それが、刺激になっているのだと思います。

あとは、子どもながらに、「これを食べないと、お腹がすく…」と分かってくるのかも。

なお、給食は完食するけれど、家では偏食のままです。

自分で着替えようとチャレンジするようになった

自分で着替えるなどまだ先のことだと思っていたわたしは、着替えを教えようという気さえありませんでした。

しかし、入園から3ヵ月ほどたった頃、乾いた洗濯物かごから自分のズボンを引っ張り出して、せっせと履こうとしていました。

苦労の末、2本の脚がズボンを通った時には満面の笑み。お尻が完全に出ているのですが、本人は履けたと満足気でした。

これも、はやりお友達がやることを日々観察している影響のようです。

こういうことは、親が教えようとすると説明的になって難しいんですよね。

それよりも、自分より数か月お兄さん、お姉さんを真似るのがいちばん早いんだろうなと思います。

絵本がますます大好きに

「3歳までに読み聞かせ10,000冊」をすすめる、4人の子を東大理Ⅲに合格させた佐藤亮子さんに影響を受けて、生後6か月頃から読み聞かせをするようになりました。

育休中は1日5~10冊くらいは読めたけど、職場復帰してからはなかなか実践できなくなってしまいました。

それでも、保育園でさまざまな絵本を読んでもらうのでしょう。次男の方が詳しかったりします。

ある日、『だるまさんが…』を読んであげると、
「だ・る・ま・さ・ん・が…、どてっ」で思いっきりズッコケるという芸をやってみせてくれました。

次の日先生に訊くと、「みんな大好きで、よく読んでますよ~」とのこと。

ほかにも『はらぺこあおむし』の歌を覚えてきたり。

家より先に体験してくることが日に日に増えて大助かり、10,000冊には遠いですが。

周囲から「もう預けるの?」と言われたら…?

気にしないことです(笑)

わたし自身は、長男を8か月で保育園に預けるときに、義母から「もう預けるの?」「そんな早くから働かんならん?」と言われました。

やっぱり、「そんなに早くから可愛そう」というイメージは世の中にはあるに、親世代ならなおさらでしょう。

でも、いまさら価値観の違い、文化の違いで悩んだって仕方がない。

わたし自身、現在小2の長男世代の文化に既についていけません(笑)

世代、地域、経験、文化が違えば考えが合わなくて当然。でも、保育園に預けることについては、そこに優劣があるわけではない。優劣がないことに悩まないことです。

まとめ:保育園は子どもにとっても世界を広げてくれる場所。罪悪感は不要

何でも早くできるようになることが、大切なわけではありませんが、お友達や先生方から刺激を受けて、その結果、いろいろなことができるようになっていくのは、わたしはよい影響、メリットだと思います。

保育園と家庭育児を比較する必要もないですが、保育園で子どもの世界は確実に広がり、それによってさまざまな感情を経験し、成長していることは事実です。

預けることに罪悪感は不要です。

「母親から離されて、子どもが寂しい思いをするのでは…」と思ってしまいがちですが、保育園の先生って、子ども達への愛情表現が本当に上手で、うちの子はいつもニコニコしています。

お友達しもみんな預けられている子同士なので、子ども自身は思いのほか違和感なくのびのびと過ごしています。「寂しい…」と感じるとしたら、年齢が小さいうちより、もう少し周りが見えるようになってくる年少さんくらいからのほうが多いかもしれません。

なじめる、なじめないの個人差はどうしても出てきますが、必要以上に心配する必要はないと思います。

にほんブログ村 子育てブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました